web名刺発注システムの便利な簡単複写機能

web名刺発注システムの導入を考えている場合に問題となるのが、現在の名刺のフォーマットなどをそのまま利用できないのか、という点です。名刺のフォーマットの中には、長年使用され続けているものがあり、変更したくないと考える会社も多くなっています。そこで、web名刺発注システムでは、簡単複写機能を用意しています。簡単複写機能を利用すれば、既存の名刺をデータとして読み込むことができます。データ化した名刺の情報は、名刺に入力する氏名などのデータとして利用できるので、入力の負担を軽減するために役立ちます。また、フォーマットの取り込みも同時に行えるため、従来から使用している名刺を再現していくことも可能です。このように、便利な簡単複写機能が用意されているので、名刺のフォーマットを変更せずに、web名刺発注システムを導入することが可能となります。

自動組版でレイアウトできるweb名刺発注システム

取引相手に好印象を与えるためには、名刺のレイアウトをしっかりとしたものに仕上げておく必要があります。名刺のレイアウトは、web名刺発注システムによって、自分で行うことが可能となっています。しかし、自分で調整をうまく行えないケースも存在します。そこで、web名刺発注システムでは、自動組版の機能を用意しています。自動組版の機能が使えれば、名刺のレイアウトを自動的に行うことができます。名刺情報のデータを入力するだけでレイアウトができるため、自分でレイアウトを行うよりも、効率的に名刺を作成することが可能です。各フォーマットに合わせた適切なレイアウトとなり、改行なども自動で行われます。自動組版によるバランスのよい文字などの配置は、取引相手の印象にも良い影響を与えてくれます。そのため、web名刺発注システムの自動組版を活用するメリットは、非常に高くなります。

導入時に講習が行われるweb名刺発注システム

web名刺発注システムを導入する際には、システムを利用するための操作方法を学習する必要があります。そこで、web名刺発注システムの専門業者では、導入時に操作方法講習を実施しています。操作方法講習では、専門業者側のスタッフが講師となり、システムの操作方法のレクチャーを行ってくれます。レクチャーとともに、必要な初期設定も行ってもらえるので、簡単にシステムを使えるようになります。名刺の注文方法のレクチャーだけでなく、より便利にシステムを使えるように、詳細な校正方法も教えてもらえます。そのため、講習後には、社員一人一人が、自分で名刺データを作成し、注文を行えます。管理責任者向けに、管理機能の講習を行ってもらうことも可能なため、承認作業なども適切に実施していけます。このように、操作方法講習を受けられるので、web名刺発注システムを安心して導入することが可能です。